菊名記念AAクリニック

PRP 療法(再生医療)

こんな方におすすめ!

自分自身のお肌の再生力を引き上げたい方へ

患者様ご自身の血液を利用するため、アレルギーが出にくい

ナチュラルな効果・持続期間の長さを求める方に

手の甲や首など、エイジングサインが出やすい部位もカバー!

関連医療機関との連携で、安全にエイジングケアが始められる

ベテラン医師による丁寧なカウンセリング

PRP療法とは

 顔のシワやたるみ、目の下のクマなどを治療するPRP療法とは、患者様の血液中に存在する皮膚再生を促すPRP(Platelet Rich Plasma)を抽出し、傷ついたりの衰えた肌の部分に注入するもので、「PRP皮膚再生療法」とも呼ばれています。PRP療法は、2008年の日本形成外科学会などで美容的な効果が発表されて以来、全国に広まったとされています。その後、PRPを濃縮する技術や手法などが進化し、美容皮膚科領域での再生治療として多くのクリニックで施術が行われています。

ヒアルロン酸との違い

効果の持続期間・適応部位が異なります。どちらも皮膚のたるみやへこみをカバーするためのものです。ヒアルロン酸注入の場合、効果は早く表れますが時間の経過と共に体内へ自然吸収されてしまうため、状態を維持するためには継続的に注入を行うことが必要となります。これに対してPRP療法は、患者さまご自身の血液を利用し、健康な細胞を増やすことで皮膚そのものの再生を図りますので、即効性ではヒアルロン酸が優れていますが、自然で持続的な改善が期待できます。ヒアルロン酸は”補填”、PRP療法は”根本改善”と言うことができます。適応部位の違いについては、ページ下部の表をご参照ください。

仕上がりの違い

ヒアルロン酸

Before

before

After

after

ヒアルロン酸はもともと粒子が大きい成分であるため、皮膚の薄い部分や、浅いシワに対する注入では、不自然なふくらみが目立ってしまうことがあります。また、安全で優れた治療方法ではありますが、注入した部分が少し固く触れることがあります。

PRP療法

Before

before

After

after

PRPは肌の奥深くまで浸透し、肌そのものの再生を促します。皮膚の内部でコラーゲン・エラスチン・繊維芽細胞が生成されるため、肌の内側からふっくらとしたハリを出すことができます。また、効果が徐々に現れるタイプの施術のため、不自然さがなく、ナチュラルな仕上がりが期待できます。

PRP療法が適応する部位・症状

下図のとおり様々な部位・症状に用いることができます。

PRP クマ・たるみ

PRP クマ・タルミ

PRP しわ

PRP シワ

PRP クボミ・ヤセ

PRP クボミ・ヤセ

比較表

  PRP ヒアルロン酸 ボトックス ハイフ
手の甲のシワ  
手の甲凹み    
額のシワ
肌質ハリ
皮膚の薄さ      
たるみ・毛穴
ほうれい線  
マリオネット  
ゴルゴ線  
顔全体の小ジワ
目の下たるみ  
上まぶたたるみ    
目の下のクマ    
目尻シワ  
眉間シワ  
フェイラインたるみ  
顔全体たるみ

当クリニックにおけるPRP療法

次の3種類の療法を提供しております。

①通常の注射

PRPを真皮に注射で注入します。

通常の注射

料金:¥132,000(税込み)

②水光注射

極細針(5〜9本の針がワンショットで同時にでてきます)で、PRPを注入します。お肌の状態にあわせて、注入の深さ・量を細かく調整しながら注入することが可能です。

水光注射

料金:¥121,000(税込み)

③ヴァンパイアスキン

ダーマペン4という機材で、微細な針で皮膚表皮層に微小な穴を開け、PRPを注入します。
ペンタイプのため、目元や鼻の脇など細かい部分にも適しています。
ダーマペン4とは?‥詳しくはコチラ

ヴァンパイアスキン

料金:¥143,000(税込み)

Q&A

Q1.施術時の痛みはありますか?

A1:痛みの感じ方には個人差がありますが、注射針を刺したことによる痛みの他、皮膚が薄い場所や骨ばっている部位への注入は、赤味や腫れを感じる可能性がございます。当院では、表面麻酔を使う・保冷材で患部を冷やすなど、痛みを和らげるための工夫をしております。心配な方は、都度ご相談ください。

Q2.1回の施術で、どのくらいの時間がかかりますか?

A2:部位や施術箇所にもよりますが、一度の施術で約1時間半~2時間程度です。血液採取の後、高濃度血漿の抽出を行いますので、その間、院内でお待ちいただく時間を含みます。

Q3.効果が出始めるまでに何回の施術が必要ですか?

A3:1回でも効き目はありますが、再生した組織を定着させるためには、間隔をあけて複数回施術することが望ましいです。患者さまの状況に応じ、どのくらいの周期で何回施術するかを決めていきます。

Q4.持続期間はどのくらいですか?

A4:ご自身のお肌そのものを再生させる治療ですので、多少の個人差はありますが、うまくいけば1年ほど長持ちするのが特徴です。繰り返して治療することで、より長期間の持続が期待できます。

Q5.施術を受けられない(または向かない)方はいますか?

A5:おもに、悪性腫瘍や心臓病・脳梗塞の既往歴のある方・血液が固まりにくくなるようなお薬を服用中の方は、施術を受けられないことがあります。他にも、既往歴・治療中のご病気をお持ちの方・妊娠中・授乳中の方などは、必ず医師にご相談ください。

Q6.ダウンタイムについて教えてください。

A6:注入直後から、施術した部位に内出血・赤み・腫れなどが生じる可能性がありますが、1週間程度で落ち着いてきます。メイクは、手術の翌日からして頂けます。

施術の流れ

カウンセリング・血液採取

まずはカウンセリングで、PRP療法がご本人に適しているかどうか・詳しいお悩み・ご希望の部位を丁寧にお伺いした上で、採血を行います。

カウンセリング・血液採取
菊名記念病院でのPRPの抽出

菊名記念病院でのPRPの抽出

採取したご自身の血液を菊名記念病院内の細胞培養加工施設で遠心分離器にかけることで、PRPを抽出します。抽出には、ある程度のお時間がかかります。その間は院内でお待ちくださいませ。

注入

洗顔後、注射器または専用の機材を使い、ご希望の部位にPRPを注入していきます。

注入
アフターケア

アフターケア

施術の翌日からメイクをして頂けます。内出血や腫れが出た場合は、強めのマッサージなどは避けてください。

注意事項

①効果の出方には、個人差があります。

②おもに、悪性腫瘍や心臓病・脳梗塞の既往歴のある方・血液が固まりにくくなるようなお薬を服用中の方などは、施術を受けられないことがあります。必ず事前に担当医にご相談ください。